Dec
3
2014

クリスマスまで、もたない

クリスマスまでの間、少しずつ食べるというドイツのケーキ「シュトーレン(シュトレン)」。
白金タイムズで取材に伺った、白金台5丁目の「金麦」さんや、白金5丁目の「ラトリエ・コッコ」さんでも絶賛販売中ですが、こだわりも味も見た目も異なるため、お好みのシュトレンを見つけてください。

上の画像は、ラトリエ・コッコさんで、下の画像は金麦さんのシュトーレンです。
金麦さんのシュトーレンには「粉糖」がたっぷりとかかっていますが、オーナー曰く「多いところはもっと多いです」との事。

写真

iPhoneで簡単に撮影しましたが、食べ物は相変わらずおいしそうに撮れます。

で、このシュトーレン。目の前にありますが、とてもクリスマスまでもちませんよ。



最新の記事

白金一丁目西部中地区の再開発説明会に行ってきました。

2/15に、白金一丁目西部中地区の再開発説明会に行ってきまし...
→もっと読む


「第二回 蓄音機でレコードを聴く会」が開催されます。

旧神応小学校で開催される「第二回 蓄音機でレコードを聴く会」...
→もっと読む


アート&デザイン ワークショップ at ラトリエコッコ第二回のお知らせです。

白金生まれ白金育ちで、旧神応小学校出身の現役武蔵野美術大学生...
→もっと読む


アート&デザインワークショップ at ラトリエコッコに行ってきました!

ラトリエコッコ三田店にて、現役武蔵野美術大学生「Juri」さ...
→もっと読む


公園のベンチが「かまど」に早変わり?

「公園のベンチがかまどになるんですよ、是非見にきてください。...
→もっと読む