Mar
24
2016

港区白金にて桜あんぱん、大集合!

桜も早いところでは咲き始めていますが、港区白金のパン屋さんでは、「桜あんぱん」が揃っています。
今回は、ラトリエ・コッコ、金麦、しろかねPanPan堂、ベッカライ ブラウベルグの4店からご紹介します。

まずは、2016年4月には三田店もオープンする、白金5丁目のラトリエ・コッコさん。
安心安全のオーガニック素材にこだわっているパン屋さんです。
桜の葉が刻んである桜あんと桜の花びらが特徴ですが、なんといっても香りと食感が独特です。目をつぶって食べててもコッコさんのパンと分かります。税込130円と4店中もっともリーズナブル。
IMG_2683-1
●ラトリエ・コッコの桜あんぱん

IMG_2710-1
●2016年4月オープンの三田店

続いては、白金台・金麦の「桜あんぱん」です。
金麦さんは、フランス人も絶賛の「クロワッサン」と、ノンフライの「白いカレーパン」でお馴染みですが、こちらの桜あんぱんは、桜あんとこしあんの二層式です。
ここにうぐいす豆も入って「春要素」が満載です。ダメ押しに桜の花をトッピングして税込216円。
IMG_2690-1
●白金台・金麦の桜あんぱん

3番目は、白金高輪・しろかねPanPan堂「桜あんぱん」です。
白いモチモチ生地が桜の花の形をしています。桜あんが生地の隙間から顔を出して、アクセントになっています。税込170円。
IMG_2715-1
●白金高輪・しろかねPanPan堂の桜あんぱん

最後は、四の橋のベッカライ ブラウベルグ「桜あんぱん」です。
今回の4つの中では唯一「こんがり」焼いてあります。
見た目はオーソドックスなスタイルですが、桜あんと求肥(ぎゅうひ)の二層式。
求肥のモチモチ感がアクセントで税抜170円。
brauberg-1
●四の橋・ベッカライ ブラウベルグの桜あんぱん

今回は、メゾンカイザーやアトリエ・ド・リーブ、セイジアサクラなどのお店は行ってませんが、季節感のあるメニューを発見したらご紹介したいと思います。



最新の記事

白金一丁目西部中地区の再開発説明会に行ってきました。

2/15に、白金一丁目西部中地区の再開発説明会に行ってきまし...
→もっと読む


「第二回 蓄音機でレコードを聴く会」が開催されます。

旧神応小学校で開催される「第二回 蓄音機でレコードを聴く会」...
→もっと読む


アート&デザイン ワークショップ at ラトリエコッコ第二回のお知らせです。

白金生まれ白金育ちで、旧神応小学校出身の現役武蔵野美術大学生...
→もっと読む


アート&デザインワークショップ at ラトリエコッコに行ってきました!

ラトリエコッコ三田店にて、現役武蔵野美術大学生「Juri」さ...
→もっと読む


公園のベンチが「かまど」に早変わり?

「公園のベンチがかまどになるんですよ、是非見にきてください。...
→もっと読む