Sep
9
2015

明治学院大学と白金寄席について

明治学院大学・服部ゼミに集う学生の皆さんは、白金阿波踊り2015に参加してくれたり、魚らんエリアを盛り上げたりと地域の方とのコミュニケーションを積極的に行っていますが、白金タイムズで紹介させていただいた「白金寄席」にも、明治学院大学の学生さんが大変深く関わっていました。
白金寄席をプロデュースする、白金在住の「守田」さんによると、白金寄席はもともと小三治さんのお弟子さんの練習場所として白金にある「鉄工所」でスタートしましたが、そのお弟子さんと鉄工所の息子さんは、明治学院大学に通う学友だったそうです。
つまり、明治学院大学で出会っていなければ、白金寄席は今のカタチになっていなかったかも知れません。
また、当時の明治学院大学には「落語研究会」はなく、その後に設立(1966年)されたようです。
明治学院大学の落語研究会は、2016年に「50周年イベント」があるそうですが、地域寄席の伝統を受け継ぐ「白金寄席」と「50周年イベント」のコラボなんかがあると、大いに盛り上がりそうですね。

●白金寄席はこちら
●服部ゼミはこちら



最新の記事

白金一丁目西部中地区の再開発説明会に行ってきました。

2/15に、白金一丁目西部中地区の再開発説明会に行ってきまし...
→もっと読む


「第二回 蓄音機でレコードを聴く会」が開催されます。

旧神応小学校で開催される「第二回 蓄音機でレコードを聴く会」...
→もっと読む


アート&デザイン ワークショップ at ラトリエコッコ第二回のお知らせです。

白金生まれ白金育ちで、旧神応小学校出身の現役武蔵野美術大学生...
→もっと読む


アート&デザインワークショップ at ラトリエコッコに行ってきました!

ラトリエコッコ三田店にて、現役武蔵野美術大学生「Juri」さ...
→もっと読む


公園のベンチが「かまど」に早変わり?

「公園のベンチがかまどになるんですよ、是非見にきてください。...
→もっと読む